おしっこおもらしプレイしたいなら出会い系を使うべき理由とは?

 

 

 

どうも、ヤシノキです。

 

 

  1. リアル(現実社会)での放尿・失禁フェチ暴露は(社会的に)リスキー
  2. だけど出会い系ならおしっこ・おもらしプレイのハードルが低い

 

 

これについては次の記事の冒頭で説明したとおりです。

 

『女性とリアル放尿・失禁プレイを楽しむ方法』

 

 

 

ではこちらで語った

 

おしっこ・おもらしプレイに出会い系を使うべき理由」とはなにか…。

 

 

  1. 出会い系独特のノリ
  2. 出会う相手は”アカの他人”

 

 

2つのメリットについて詳しく掘り下げてみましょう。

 

放尿・失禁プレイがしたいなら出会い系を使う以外ない

 

ときっと納得いただけることでしょう。

 

 

特殊性癖をカミングアウトしてもドン引きされない理由

 

 

あなたに質問です。

 

「出会い系サイトに登録しているのはどのような人だと思いますか?」

 

 

  • パートナーがおらず、出会いを求めている人(恋人募集)
  • パートナーはいるが、性的に満たされない人(不倫願望)
  • 手早くS○Xしたい、性欲を満たしたい人(セフレ探し)

 

 

などが思い浮かぶでしょうがどれも当たりです。

 

ザックリ言えば出会い系サイトのユーザーは「性的な関係もコミ」で利用しています。

 

 

 

言い方を変えれば現実ならドン引きされかねないような

 

性的な発言も受け入れられやすいのが出会い系サイトです。

 

もっと言ってしまえば日常会話の感覚で性癖・フェチの話ができます

 

 

ヤシノキ自身の経験としておもらしフェチをぶっちゃけたところ

 

「わたしもそういう趣味ある~」

 

と女性の方が食いついて失禁プレイに持ち込んだことがあります。

 

 

↓フェチのカミングアウトからおもらしプレイに発展した体験談↓

 

 

 

 

“アカの他人”だからこそフェチプレイのハードルが低い

 

  • 顔が見えないのでフェチプレイのノリに持ち込みやすい
  • ネットのみの関係なのでつながりを断ちやすい
  • 元々はアカの他人同士なので身辺への影響はない

 

 

サイト内で知り合った相手とメッセージ機能などでやりとりして出会うのが出会い系サイトです。

 

つまり知り合うのはアカの他人同士。

 

 

個人情報を公開しない限り

 

身バレ(身元・素性が他人に知られること)はありません。

 

そのため出会い系のユーザーは気が大きくなるのです。

 

 

 

顔が見えないからエロトークもカンタン

 

リアル(現実社会)で女性にエロトークを持ちかけるのはハードルが高いです。

 

酒の席でもドン引きされたり、下手したらセクハラ扱いされかねません。

 

 

ただ女性もそういう(性関係の)話題に全く興味がないワケではないのです。

 

女性にだって性欲はありますからね。

 

 

ただ女性には世間体があり、エロトークに喜ぶ女性は”下品”とされます。

 

「エロい生き物」という認識がある男性と違って、

 

女性は安易にエロトークな話に乗っかるワケにはいかないのです。

 

 

 

 

だから(実際は興味津々でも)こういうポーズを取らざるを得ないワケですね。

 

そこにいくと出会い系サイトでは相手の顔も姿も見えませんし、

 

自分がどんな立場の人間か明かす必要もありません。

 

 

女性にとってエロトークに参加するハードルが低いのが出会い系です。

 

さすがにいきなり下ネタ投げ込むのは論外ですが、

 

話が盛り上がれば案外エロトークは受け入れてもらえるものです。

 

 

なぜ出会い系はブサメンでもイケるのか?

 

 

  • 「イケメンじゃない…」
  • 「社会的地位が低い…」
  • 「収入が低い…」

 

「…だからボク(=ヤシノキ)は女性にモテない」と悩んでいたのですが、

 

出会い系だとリアル(現実)でのスペックはあまり関係ありません

 

だって出会い系で知り合う相手は”アカの他人”ですから。

 

 

 

詳しくは別記事で説明しますが

 

出会い系サイトではユーザーが用意したプロフィールページを見て判断します。

 

つまり「魅力的なプロフィール」を用意することが重要なんですね(もちろんウソはダメですが)。

 

 

 

 

 

そしてトークで女性を楽しませること。

 

それにしたってメッセージ機能を通じての会話ですから、

 

声のトーンや女性が喜ぶ切り返しを瞬時に考える必要はありません。

 

リアルデートでの会話に比べれば難易度はグッと下がります。

 

 

あとは女性がプロフィールや会話の内容から

 

こちらを勝手に美化(自分の都合の良いようにイメージ)してくれます。

 

 

 

 

「実際に会ったら『イメージと違う!』って幻滅されるんじゃ…?」

 

という心配は不要です。

 

 

 

  • ヒゲや髪をキチンと整える
  • 体臭のケア(入浴・デオドラントシートの使用)
  • 無難な服装(ビジネススーツなど)

 

ヤシノキの経験上この3点さえ気を付ければ「出会った瞬間バイバイ」はあり得ません。

 

 

また聞いた話ですが「あまりイケメンが来るとかえって警戒する」のが女性のホンネだとか。

 

出会う前はドギマギしていて、実際に会うとスンナリいくのが出会い系の魅力です。

 

 

最大のメリット「女性にとってハードルが低い」

 

男女ともに出会いまでのハードルが低いのも出会い系のメリットです。

 

実社会で性行為の関係に至った場合、

 

立場によっては関係の継続や解消は悩みどころ。

 

 

出会い系サイトならそういったわずらわしいことを

 

考えずに女性と出会えるのが強みですね。

 

 

  • サイト内のメッセージ(メール)機能
  • LINE、カカオなどのトークアプリ

 

出会い系サイトでのやりとり手段は基本的にこの2つです。

 

なので関係を断ちたければ、

 

相手のメッセージを無視あるいはブロックすればいいのです。

 

 

「関係を断ちやすい」のは男性だけでなく女性にもメリット。

 

「話題も合うし、1回くらい会ってみてもいいかな」

 

となりやすく、

 

 

 

 

と思ったらブロックすればいいだけなので

 

「会いませんか」の誘いにも気軽に応じてくれます

 

 

 

つまり「放尿・失禁プレイ=出会い系」だ!

 

 

リアル(現実社会)でフェチプレイが難しい最大の理由は

 

「性癖・フェチがバレたときの社会的リスク」でした。

 

 

 

対して出会い系で知り合う女性はリアルでは「赤の他人」。

 

自分の性癖・フェチを明かしても、

 

自分の身の回りに影響は無いのが素晴らしいです。

 

 

 

つまりなにが言いたいかというと…

 

  • 性癖・フェチをカミングアウトしやすい
  • 女性にエロトークをしやすい
  • リアル(現実での)スペックは関係ない
  • 放尿・失禁プレイしても社会的地位に影響はない

 

 

 

 

 

 

 

…ここまでは「放尿・失禁プレイをするなら出会い系しかない」理由でした。

 

 

しかし出会い系であればどんなサイトでも良いワケではありません。

 

世の中には人をダマすための悪徳な出会い系もたくさんありますからね。

 

「おもらし女子と出会える”安全”な出会い系」を選ぶのが重要です。

 

 

ヤシノキが「ここ以外ない!」と断言する出会い系サイトについて